ETCカード 手渡し 

手渡しでも同じように割引されたら車載器を搭載する意味がないです。

 

ETCカード 手渡し

 

ETCカードを高速道路で利用する際に、料金所で手渡しした場合、車載器を積んでいる場合と同じように割引が受け枯れるのかどうかという質問です。

 

結論から申し上げますと、「否」、「No」です。

 

ETCカードを利用した割引の適用があるのは、高速道路の入り口を無線通過(ETCゲート通過)していることが大前提になります。

 

無線通過するには車載器が必ず必要になります。

 

逆を言えば、入り口を無線通行していれば、出口では手渡しでも割引の適用を受けることが出来ます。

 

これは、国がETCのシステムの普及率の向上を目指しているので、ETC車載器を積んで実際に使っている人には通行料金も優遇しましょうという考え方なので、車載器を積んでいない場合には割引が適用にならないというわけです。

 

高速道路の料金を普通にクレジットカードで払っているのと同じなので割引の適用を受けられないということです。

 

 

もちろん入り口でETCゲートが故障していて通れなかった・・・など、正当な事由があれば、出口でその旨を申し出れば、入り口でETCレーンを無線通過していなくても割引の適用を受けることが出来ます。出口で事情を話して手動で無線通過をしたように手続きをしてもらえばOKです。

 

嘘をつくのは違法です

 

ネットで「ETCカード 手渡し」で調べていると、手渡しでも出口で係員に入り口のETCゲートが故障していたと言えば割引適用が受けられるというようなことを書いてあるのを見かけましたが、このような行為は犯罪行為なのでやめましょう。

 

本来なら受けられない割引を嘘をついてせしめるという行為は詐欺行為ではないでしょうか。

 

ETC車載器なんてそこまで高いものでもないし、手続だってみんなやっているのですから、社会人である以上、ルールを守って生活しましょう。