ETCカード すぐ

即日発行できるETCカードはセゾンカードです。

セゾン(クレディセゾン)のクレジットカードをお持ちなら「即日ETCカード発行」というサービスを行っています。

 

セゾンカードを持っていれば(ここポイントね!)必要書類を持って、指定のETCカード即日発行カウンターで、ETCカードを発行してもらえます。

 

必要書類は、免許証などの身分証明書とセゾンカードの2種類です。(詳しいことは公式サイトでご確認下さい。)

 

セゾンカード ETCカード即日発行サービス

 

即日発効にはセゾンカードの加入〜所持が必須

 

当然と言えば当然なのですが、即日発効と言っても、セゾンカードを持っていなければETCカードを発行してもらえません。

 

それから、実際にETCカードを稼働させるには、ETCカードと車載器とのセットアップが必要なので、その日のうちにETCカードを使いたいという場合にはあらかじめ、ETCの代理店などでセットアップを完了しておく必要があります。

 

セゾンカードのETCカードは、複数枚の作成も可能であったり(5枚まで)とETCカード利用については他のクレジットカード会社よりもユーザー思いのシステムだと言えます。

 

10日ほど掛かりますが、クレジット機能なし、個人事業主にオススメのETCカードです。

 

私のオススメです。

 

 

ETCカード 

 

クレジット機能は必要がない、複数枚のカードが必要!

 

という方にはピッタリのETCカードが、「高速情報協同組合」が発行しているETCカードです。

 

作り方は簡単!

 

必要書類を送って「事務局」に届いてから10日ほどでETCカードがお手元に届きます。

 

もし、あなたの会社がすでに法人用のクレジットカードをお持ちなら、そちらにETCカードの発行を依頼すればもっと早くETCカードが入手できるはずです。

 

でも、個人事業主(自営業)や新しく立ち上げたばかりの会社でなかなかクレジットカード会社の審査が通りにくい。でもETCカードは作りたい。しかもすぐに・・・

 

という方は、以下の、「高速情報協同組合」が斡旋しているETCコーポレートカードがオススメです。

 

 

ETCカード 個人事業主(自営業)

 

 

審査がないというわけではないですが、通常のクレジットカード会社のクレジット機能付きのETCカードに申し込むよりは手続きがずっと簡単です。

 

必要な費用は、組合への出資金が1社につき1万円。

 

それと、ETCカード1枚につき540円(複数枚の発行も可能です。)

 

手数料として、毎月の通行料金の5%を支払う必要がありますが、5%の場合はマイレージ登録が出来ません。

 

マイレージ登録がしたい、ポイントを還元してほしいという場合には毎月の手数料は8%になります。

 

その他に掛かる費用としては、1年ごとに1枚に付き540円掛かります。

 

それだけで、自営業の方でも比較的ETCカードが作りやすいので、この「高速情報協同組合」のETCカードは今、非常に人気です。

 

また、首都高速・阪神高速専用のETCカードもあるので、利用頻度に応じて、1種類、または2種類作っておくのも良いと思います。

 

すぐに作れるETCカードの詳細は下記からどうぞ!

 

個人事業主(自営業)の方のためのETCカード|クレジット機能なし