個人事業主に最適なETCカード|クレジット機能なし

個人事業主はETCカードの審査が厳しい?

個人事業主(自営業)の方や新しく立ち上げたばかりの会社でETCカードを作ろうとするとなかなか審査の段階でOKが出ずに、作れなかったという声をよく聞きます。

 

一般的に、ETCカードはクレジット機能を併用しているものが多く、もしくは、クレジットカードを申し込んでから、そのクレジットカードのアカウントを利用することが出来るETCカードを作成するという流れになります。

 

そうなるとカードの審査はクレジットカード会社や信販会社の審査になるので自ずと厳しいものになります。

 

一般的な会社に勤めるサラリーマンの場合には、会社の規模や経営年数にもよるでしょうけど、当然会社が上場企業だったりお役所関係の仕事だとすればそれだけで信用力が違います。

 

もし本人が病気になってしまったりしても給料がゼロにならずにいろんな保証があるわけですが、個人事業主(自営業)だとそうもいかないことが多いです。また会社自体が潰れてしまうリスクも少ないわけです。(お役所に関しては潰れないですしね。)

 

大黒柱だるあなたが何かの理由や事情で働けなくなってしまったら収入がゼロになってしまうようなケースが多いと審査をする会社は見ているわけです。

 

そのためどうしても会社員などと比べるとローンやクレジットカードの審査が厳しくなってしまうのです。

 

自営業や新会社の場合には実績や信用もないのでなかなか思うように審査でOKが出にくいのが現実です。文句を言ってもこれが日本の社会の流れなので仕方ないですよね。

 

「じゃぁ、最初からクレジットカードの機能が付いていないETCカードを作ればいいじゃない!?」

 

そのとおりです!

 

でも、クレジット機能なしのETCカードにも問題点がありまして・・・

 

クレジット機能なしのETCカードの問題点

デポジット(預託金)がとても高い!

クレジット機能なしのETCカードで有名なのが「ETCパーソナルカード」ですが、実は、最初に事務局に預ける「デポジット(預託金)」が非常に高いです。

 

大体4万円〜6万円ほど。

 

もちろん、デポジットは預託金なので、カードを解約した際には戻ってくるものではありますが、ちょっと高いですよね。

 

複数枚のカードを作れない

これも、会社を営む者にとっては厄介な問題です。会社の経営の円滑化を図るための一環としてETCカードを複数作って各車ごとに配布して使うようなケースもわるわけですから、そうなると複数枚作れないというのは便利とは言えませんね。

 

審査は通らない・・・クレジット機能がないETCカードにしてもデポジットは高いし複数枚のカードは作れない。

 

じゃあいったいどうしたらいいの?

 

自営業や個人事業主にオススメのETCカード

 

このサイトのトップページでご紹介している「高速情報協同組合」が発行しているETCカードが個人事業主や自営業の方に非常に人気がありオススメのETCカードです。

 

 

個人事業主(自営業)でも手続きが簡単なETCカード|クレジット機能なし

 

 

ザックリと概要を説明すると、このETCカードを発行するために必要な費用は、

  • 出資金として社につき1万円を支払います。(脱退時に返却されます。)
  • カード発行料がカード1枚につき524円(複数枚発行可能)
  • 月額手数料(通行料金の5%、もしくは8%。これはマイレージ登録が出来るものと出来ないものでパーセンテージが変わります。)
  • 年会費540円(1年毎/1枚ごと)

 

ETCカードはが手元に届くのは必要書類が事務局である「高速情報協同組合」に届いてから10日ほどです。