個人事業主に最適なETCカード|クレジット機能なし

会社でETCカードが作れないとお悩みなら是非お読みください!

 

ETCカード 個人事業主(自営業) ETCカード 個人事業主(自営業)

 

個人事業主(自営業)の方や新しく設立したばかりの法人だとETCカードを作るのが難しいとお悩みの方がたくさんいらっしゃいますが、そんな方に朗報です。

 

ETCカードのメリット

ETCカードを導入すれば、高速料金は安くなるので経費削減になります。また、明細が出てくるので管理がしやすくなります。

 

料金所でいちいち「一般」のレーンに並ぶ必要がなくなるので時間を無駄にしなくて済みます。また、経費の管理も明細書1本でできるのでとても楽になります。

 

ETCカードを作れるなら作っておいた方が良いに決まっていますよね。

 

個人事業主に厳しいETCカードの発行

でも問題は、昨今のETCカードは、個人事業主や設立したばかりの法人には厳しくて、なかなか発行してくれなかったりすることが多いのも事実。

 

⇒なぜ個人事業主(自営業)はETCカードの発行が難しいのか?

 

手続き簡単、クレジット機能なし。こんなETCカードが欲しかった!

 

ETCカード 自営業向け

 

当サイトで紹介しているETCカードなら手続きも簡単で、複数枚発行も可能なので、自営業や新会社の経営者にとても喜ばれています。

 

また、クレジット機能が付いていないので社員に持たせてもどこかで買い物をするとか、他の用途でカードを使われてしまう心配がありません。

 

そのETCカードが「高速情報協同組合」が発行している、法人用「ETCカード」です。

 

高速情報協同組合のETCカードのメリットデメリット

 

このETCカードのメリットデメリットをサクッとご紹介しておきますね。

 

高速情報協同組合ETCカードのメリット

クレジット機能なし

複数枚のカードを作成可能

カードごとにインターチェンジ名が記載された明細が発行されます。

ETCの特典である30%の割引が受けられる

ETC車載器が無くても料金所で手渡しで使用可能

書類到着後10日ほどで手元にETCカードが届く

 

高速情報協同組合ETCカードのデメリット

申し込み対象が個人事業主(自営業)か法人に限られる

毎月の走行金額の5%を支払う必要がある。(マイレージ登録が出来るカードの場合8%)

 

その他〜なぜETCカードを作るのか?

その他、初期費用(投資)として、1万円が1社につき掛かりますが、これは組合を脱退した時に返されるので特にデメリットではありません。

 

それから、上記でデメリットを2つほど書きましたけど、ETCカードを持っていないのと、毎月わずかな手数料を組合に支払ってもETCカードを持っていた方が圧倒的に得の方が多いので、多くの個人事業主や法人の方が、今、この「高速情報協同組合ETCカード」を利用しています。

 

そもそも、現金で、高速道路を利用すると、料金所で時間はかかるし、ETC利用時よりも割高なわけですから作れるものなら作っておくべきですよね。

 

是非この機会に、あなたの会社でもETCカードを導入してみませんか?

 

高速情報協同組合のETCカードECTカード3種類

 

マイレージ登録が出来ないETCカード

毎月掛かる手数料は、通行料金の5%に抑えられています。

 

詳細は下記からどうぞ!
ETCカード マイレージ登録不可

 

 

マイレージ登録が出来るETCカード

毎月掛かる手数料は通行料金の8%となりますが、マイレージポイントが全額還元されます。

 

詳細は下記からどうぞ!
ETCカード マイレージ登録可

 

首都・阪神高速ETCカード(コーポレートカード)

首都高・阪神高速道路の新割引制度の適用が受けられるので、ETCカードのメリットを最大限に受けることが出来ます。

 

首都・阪神高速ETCコーポレート

 

上記、3種類のカードの詳しい比較

 

カードの種類 出資金(脱退時返金)  カード発行手数料  カード取扱手数料 手数料 発行までの日数
ETCカード(マイレージ登録なし) 10,000円/1社 524円(税込)/1枚

 

540円(税込)/年1回

毎月の走行金額の5%を手数料 書類到着後10日前後
ETCカード(マイレージ登録あり) 10,000円/1社 524円(税込)/1枚 540円(税込)/年1回 毎月の走行金額の8%を手数料 書類到着後10日前後
首都・阪神高速ETCコーポレートカード 10,000円/1社 617円(税込)/1枚 617円(税込)/年1回 なし 2〜3週間ほど

 

 

一番お得な方法

一番得する方法は、1.もしくは2..のETCカードと一緒に3の首都・阪神高速ETCコーポレートカードを一緒に作ってしまうことです。

 

この2つのカードを持っていれば、いつどこの高速道路でも最大限の割引の適用を受けることが可能になります。